つぶやき

2014年1月23日 (木)

楽天ウェブ検索の奇妙なロジック

 

 楽天ウェブ検索 というものがあります。
 その名の通り、楽天が運営する検索サービスです。

 これ、検索したときに出てくる広告がひどすぎて笑いました。
 ひどいというのは広告の内容ではなくて、検索ワードから広告を選び出すロジックと、自動生成される宣伝文句のことを言っています。

 たとえば、

 株式会社 倒産

 で検索すると……

Rakuten_pr

 何がひどいか、おわかりでしょうか。

 そうです。一番下の広告です。

 「地元の最新求人が満載今すぐ株式会社 倒産に応募!」

 って……。

 そんな名前の会社があるなら、一度見てみたい。
 そう思ってクリックしてみたのですが、やはり、そんな名前の会社はありませんでした(笑)

 広告を掲載する側は、不適切なキーワードで表示されていないかを確認するべきだし、
広告を出す側は、そのサイトが正しく広告を表示しているのかを確認するべきではないのかなと思う今日この頃でした。

# 他の検索ワードでもかなりひどいです。ええ。

2013年2月22日 (金)

ぼちぼち再開します

 はじめまして、または、お久しぶり、です。

 例の事件から半年以上が経過しまして、私自身の心情も落ち着いて来ましたので、そろそろブログを移転・再開することと致しました。
 実際、記事を公開停止された時点では、大変なショックがありましたから……。

 移転でカテゴリーなど一部消えてしまったものがありますが、ある程度は手作業で復旧して行きます。
 また、当時のこと、書いて来なかったことなど、いろいろ書いていくつもりです。

 どうぞよろしくお願いいたします。

 なお、移転はしておりますが、画像がウェブリブログを参照するようになっている記事も多いかと思います。
 順次修正いたしますので、お気づきであればお知らせいただければと思います。

2012年6月19日 (火)

twitterはじめま「す」

 近日更新すると書いたのに、そこから1ヶ月近く放置で申し訳ありません。





 で、タイトルの件ですが。

 アカウントだけ取得して放置していたものの、「巣田祐二」で検索すると1ページ目に出てくる状態になってしまったので、公開することにしました。



https://twitter.com/#!/yujisuda



 当ブログの記事を4本、本年4月末頃まで1年数カ月におよぶ違法転載をし続けてきたU社から、BIGLOBEに対して違法転載の証拠となる記事の削除依頼が出されたことへの対抗策を検討している中で、選択肢としてtwitterもあるなと思いついたこともありますが……こちらはあくまでも副次的なものです。

 検索ですぐ見つかるようになったから正式公開、というのが趣旨ですので、お間違いのないようよろしくお願いいたします。





 ちなみに、現時点では何一つつぶやいていません。

 そのうち何かつぶやき始めると思いますので、気長にお待ち下さいませ。

2012年5月23日 (水)

忘れてた

 と言っても、ブログの更新の話ではなくて。

(約一カ月ぶりの更新なので、そう思われても不思議ではないのですが;)



 今年でNTTドコモが創立20周年ということで、株主総会に行ってみようかと思っていたのですが……見事に3月末の権利落ち日前に株を手に入れるのを忘れていたというorz



 NTTドコモの株主だけれど、総会には行かないから権利譲ってもいいよという奇特な方がおられましたら、ぜひ slab@mars.dti.ne.jp までご一報ください。お礼はしますので。





 それとブログ更新の話ですが。

 現在、いろいろあって更新が滞っております。近いうちにいくつか記事を上げる予定でおりますので、今しばらくお待ちください。

 なかなか更新ができず、楽しみにしていただいている方々には本当に申し訳ありません……。

2011年7月15日 (金)

DM発送代行会社「株式会社アップ・フィールド」が不法に転載した当ブログ記事、合計4本に。

本記事はウェブリブログで公開した当時に公開停止されたものを手作業で復旧しているので、レイアウト等が若干異なります。内容は原則として掲載当時のものです。
なお、著作権を侵害し、無断転載した株式会社アップ・フィールドは、昨年春頃に企業側からすると言ってきたものの、未だに1円も支払っていないどころか金額の提示すらしていないことを書き添えます。
----------

 先日書いた、当ブログの記事が企業のブログに無断で全文転載された件ですが。
 調査を進めたところ、無断転載されている記事がさらに3つ発見されました。
 この前のものを含めると、合計4本の記事が無断転載されていたことになります。

 新たに判明したのは以下の3本です。

 当ブログの記事:
 au 巻き取りDMの不思議 (2010/10/13掲載)
 NTTドコモの巻き取りDM (2010/11/15掲載)
 続・NTTドコモの巻き取りDM (2010/11/22掲載)

 DM発送代行会社、株式会社アップ・フィールドが不法に転載したブログ記事:
 au巻き取りDMの不思議 (2010/10/18付)
     Upfield_20101018

 NTTドコモの巻き取りDM (2010/11/20付)
     Upfield_20101120_2

 続・NTTドコモの巻き取りDM (2010/11/29付)
     Upfield_20101129

 いずれも、見ての通り、当ブログから「そのまま転記」していることを明記しています(1本だけはコピー元のURLを張っていないので、記事タイトルでしか判別できませんが、google等で検索すると当ブログであることがハッキリとわかります)。
 ここからは、8ヶ月以上前から繰り返し、株式会社アップ・フィールドのブログに盗用されてきた事実が浮かび上がります。
 ……他にもこういう例、あるんですかねえ。  コピペ記事ばかりのコピペブログの話は聞いたことがありますが、さすがに企業のブログでこれをやるとは思いもよらず(苦笑)。  ちなみに、株式会社サイバーエージェント(著作権侵害記事が掲載されている、アメーバブログの運営会社)にも連絡しておりますが、それに関してはまた後日、別の記事で。

2011年7月14日 (木)

当ブログの記事、企業のブログに無断で全文転載される

本記事はウェブリブログで公開した当時に公開停止されたものを手作業で復旧しているので、レイアウト等が若干異なります。内容は原則として掲載当時のものです。
なお、著作権を侵害し、無断転載した株式会社アップ・フィールドは、昨年春頃に企業側からすると言ってきたものの、未だに1円も支払っていないどころか金額の提示すらしていないことを書き添えます。
----------

 先月も巻き取りDM来たのに、記事書いてなかったなあ……と思っていたら。

 なんと、5月にエントリーした記事“相変わらずソフトバンク「未満」のauの巻き取りDM”が、<span style=color:#e00><span style=font-size:larger><strong><a href="http://ameblo.jp/dm-campany/entry-10905797977.html" target="_blank">DM発送代行会社「株式会社アップ・フィールド」のブログに無断で全文転載</a></strong></span></span>されていた事実が発覚しました。

 今回はそれについて書くことにします。
 詳細はこのような感じです。
(今回の内容に関係ない広告等については、グレーで塗りつぶしてあります)

 書き出し部分。当ブログからの転記とは書いてありますが……。
     Ihoutensai01


 私が撮影した写真も直リンクではなく、自社のブログにアップロード。
     Ihoutensai02

 最後に感想がちょっとだけ。
     Ihoutensai03

 ……あまりにもひどすぎます。
 9割以上が転記で占められている上に、写真も自分のブログに無断アップロード。
 もちろん、当方で許可を出したこともありませんし、転記の打診があったこともありません。

 いくらこのブログが無名の範疇に属する泡沫ブログだといっても、著作権はきちんと存在しているのに……。


 そこで、著作権侵害記事が掲載されているアメーバブログを運営する<a href="http://www.cyberagent.co.jp/index.html" target="_blank">サイバーエージェント</a>に対し、早急に是正するように申し入れることとしました。
 当初は、著作権侵害を行っている株式会社アップ・フィールドのWebサイトから抗議しようかと思ったのですが、「問い合わせ」フォームは<a href="http://www.e-upfield.com/form/form.php" target="_blank">住所や電話番号、会社名など必須項目が大量にあったため</a>、ファーストステップからは外しました。とてもじゃありませんが、今の段階で名前とメールアドレス以外の個人情報を伝える気になりませんので。

 しかしこの会社、個人情報を扱う企業だというのに、社員にコンプライアンス意識はないのでしょうか?これが明確に著作権法に抵触する違法行為だということくらい、簡単に理解できそうなものですが。

 DM発送代行企業をどこにするか、依頼する企業側の姿勢も問われるのではないかなと思う今日この頃でした。