携帯・デジカメ

2014年4月25日 (金)

ソフトバンクモバイルへの問い合わせで、自動音声をすっとばしてオペレーターにつなぐための方法。

 主要携帯電話3社の中で、ソフトバンクモバイル「だけ」が、自動音声応答のメニューから「オペレーター(コミュニケーター)との通話」を削除し、「ソフトバンク側の」判断でしか接続されなくなっています。基本は自動音声で、
 そこで、「自動音声では困る」人向けに、オペレーターにつなぐための方法をいくつか。

1)存在しないメニュー番号を選ぶ

最初のメニューでアナウンス無視して間違った番号(例:7)を押す
→「間違った番号が押されました」と怒られる を3回繰り返す
→本人確認のためにソフトバンク携帯の番号を押すように言われる
→他社携帯または固定電話の番号を入力
→「入力された番号では確認できませんでした。係の者におつなぎします」

2)暗証番号を間違う、あるいは入力しないで放置する

どこかのメニューで、ソフトバンク携帯電話の番号を押すように言われたら、
→ソフトバンク携帯電話の番号を入力
→暗証番号入力を求められたら、わざと間違えるor何もせず放置
→3回ほど繰り返すとオペレーターに接続

 他にもいくつかあるはずですが、比較的楽なのはこのあたりかなと。

2014年1月20日 (月)

ソフトバンクが狙うのは、ソフトバンクショップの縮小か廃止か

 どうも、ソフトバンクモバイル(以下「SBM」)はできるだけキャリアショップ(通信会社の看板を掲げ、アフターサービスも行うショップのこと。以下「ショップ」)に仕事をさせない、できればショップを減らしたい(=できるだけ代理店に手数料を払わないで済ませたい)と考えているのではないか、という節があります。

 というのは、SBMのオンライン故障修理受付のバナー広告が異様に目立つのです。
 2つほど紹介しましょう。

 1つ目。まだこれはいいです。
 「オンラインで修理受付できます」と宣伝するだけなら、利便性の向上であって、特段問題とは言えません。
 選択肢があるのはよいことですし。「可能」であることを知らしめるのは消費者にもメリットがあります。

Sb

 しかし……

 2つ目。
 なんだか、修理のためにショップに行っているのがいけないような書き方です。
 明らかに、知らしめるよりも、ショップからオンラインへ誘導することがメインになっていますね。

Sb2

 また、SBMの場合、「2012年12月4日以降、あんしん保証パックにご加入の方」という条件付ながら、「オンライン修理受付 割引サービス」と称して修理代金の20%を割引するサービスまで行っています。
 一見、「20%割引」は得なように見えますが、あんしん保証パックは「水濡れおよび全損が原因で発生したソフトバンク携帯電話の故障および外装破損」を除けば「修理代金を100%割り引き」ですし、「水濡れ・全損修理可能な機種は一部のみ」なので、適用される場合は限られます。

 代理店で受付すると、一件当たり数千円の手数料を払わなければならないが、オンライン修理受付ならば代理店に手数料を払わなくてよいので推進しよう、ということなのでしょう。
 往復の送料がかかるとはいえ、佐川急便の大口割引でかなり安いはずですし、代理店へ支払う手数料よりは明らかに少なくて済みますから。
 あんしん保証パック加入者が経験する有償修理の中では多いであろう、外装交換費用の20%を足しても、修理受付1件当たりの代理店手数料よりは安いです。個々の機種について調べていないので断言はできませんが、内蔵バッテリー交換でも、大部分は代理店手数料を下回る金額で収まると踏んでいます。

 他社はどうなっているのかというと、ドコモもオンライン修理受付サービスを行っていますが、修理代金はショップもオンラインも同額ですし、バナー広告も見たことがありません。(広告は見たことがないだけで、多少は出稿されているのかもしれませんが)
 唯一違うとすれば、ドコモの場合はキャリアショップで修理に出した際、代替機なし・店頭受取を選んだり、修理品の返却後にアンケートに答えたりすることでドコモポイントがもらえることでしょうか。

 KDDI(au)は、代理店保護のためなのか、体制を構築するのが難しいのかわかりませんが。修理は店頭受付だけのようです。

 この調子でどんどんショップの業務を減らしていくと、数年後、SBMだけショップがないとか、だいぶ減らされているとか、そのような状況になってしまうこともあり得るのではないか、というのが個人的な考えですが……どうなるのでしょうかねえ。
 iPhoneが販売台数の多数を占めるSBMでは修理受付自体が減っている(ご存知の方が大半だと思いますが、iPhoneの修理はAppleまたは正規サービスプロバイダで受付となっており、SBMでは受付していません)以上、ショップの仕事を能動的に奪うというのは、ショップの業務を奪い、手数料を減らし、閉鎖・縮小を意図しているものとしか思えないわけで。

# そういや、ショップを全店舗閉鎖して、すべてをお客様センターで対応するようにした会社がありましたっけ。すでに終了したPHSサービスや、細々と運営しているページャーサービスですが。