« コミックマーケット81 | トップページ | auから「無料交換専用申込書」つきの巻き取りDMが。 »

2011年11月 8日 (火)

最後のとりかえるキャンペーン

 というわけで、恒例の(?)ドコモ巻き取りDMの話です。



 今回のDMは、「最後のとりかえるキャンペーン」と銘打っています。

 サービス終了まで半年を切ったので、最後の追い込みといったところでしょう。



 封筒は赤絨毯と紙吹雪を意識している感じがします。

 ……間違っても赤紙ではなく。





 封筒おもて。

画像




 封筒うら。

画像




 差出人は「TLC」、還付先(配達不能な場合に戻す先)はFOMAお取替えサービスセンターとなっておりました。

 おそらく、郵便事業会社と契約している物流業者名でまとめて差し出し、大口割引で発送料金を抑えているものと思われます。



画像




 北区赤羽西の住所と、「TLC」という略語(Toppan Logistics Co.の略と思われる)から、凸版物流と契約して発送を行なっていることが理解できます。

 しかし、毎回毎回発送に携わる業者が変わっているのは、「おつきあい」というやつなのでしょうかねえ……。



# KDDIは別エントリーで何度か書いていますが、IDO時代からずっと中越運送です。ええ。





 さて、中身の話に移ります。

 内容物はこんな感じ。



画像




 右から、

・取替手続き方法、機種ラインナップの印刷されたパンフレット

・マイショップ登録しているドコモショップのチラシ(レーザープリンタ印刷)

・店頭で使える3,150円割引クーポン

郵送によるmova解約等のお手続きのご案内

・返信用封筒



 パンフレットを開くと、いつものように交換方法が書かれています……が。

 来店、通販以外に、「ご自宅への訪問」が追加されています。

 しかも、スタッフがFOMA端末とドコモUIMカードを持参して、その場で開通手続きをするらしいです。

 それだけ、年配の方が残っているということなのでしょうか?



画像




 通販での無料交換機種は従来とほぼ同様です。



画像




 実質無料のスマートフォンは載っていませんが、Webには「実質0円」として掲載されていますので、やめたわけではないようです。



 ……と、これを書いていて気がついたのですが。

 2011年冬~2012年春モデルから登場した「with」「NEXT」という分類を、過去に発売したスマートフォンにも当てはめるようにしているのですね。

 今まではこんなことはなかったと思うので、ちょっと驚きました。





 いつもの店頭で使える3150円引きクーポンは、「最後のとりかえるキャンペーン」と銘打っている割に、有効期限が年内一杯となっています。年が明けたら、キャンペーン内容が拡大するのか縮小するのか、非常に楽しみですね。

 

# 仮に、巻き取りの特典が減るとわかっていたとしても、「停波祭り」として停波そのものを楽しみたい私には何の影響も有りませんが。





 そして、今回の目玉と言うか。

 大きく変わったのがこれです。



 パンフレット裏

画像




 解約専用チラシ

画像




 ご覧の通り、郵送での解約依頼が可能という案内です。

 解約専用チラシはA3二つ折りで、開くと右側が「movaサービス解約申込書 兼 一括請求・各種割引サービス廃止・変更申込書」、左側が記入例と注意事項になっていました。



 たまにしか使わずに寝かせている年配の方向けなのでしょうが、あと半年を切った段階で送るのであれば、もっと早い段階で送ってもよかったはずですし、いまいち同封した理由がわかりません。

 穿った見方をすると、「年度末に一斉に自動解約になると来年3月末の純増数に響くから、解約する意志がある人は早く解約してね」ということなのかも知れませんが。以前のように「自動的に休止」であれば解約にはなりませんが、すでに休止手続きは受付を終了していますし、解約で大きく純減したソフトバンクモバイルの前例がありましたし。

 シティフォンの時にやらなかったのは、契約変更/機種変更しなくても休止にできて、サービス終了後もすぐに解約に計上せずに済んだからではないか、と考えると非常にしっくり来ます。



 ちなみに、解約日の指定はできないので、「全然使わず放置している、ショップに行けないor行くのが面倒だから解約していない」という人以外には使えないサービスです。

(それもあって、先に解約処理しておきたいという考え方なのかなあ、という思考に至った次第)





 ドコモショップのチラシは少し見えていますが、論外です。

 ドコモの通販(受託会社:ドコモ・サービス)なら0円の商品が、ドコモショップ丸の内店(運営会社:ドコモ・ビジネスネット)では5,250円。3,150円引きクーポンを使っても0円にはなりません。

 価格が違うこと自体は当たり前ですが、通販より高い値段のチラシをわざわざ同封しても意味が無いのではないでしょうか。





 それはそうと、DoPaの巻き取りはあれ以来全然来ないのですが、どうなっているのでしょうか……。

« コミックマーケット81 | トップページ | auから「無料交換専用申込書」つきの巻き取りDMが。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後のとりかえるキャンペーン:

« コミックマーケット81 | トップページ | auから「無料交換専用申込書」つきの巻き取りDMが。 »